2015_06
30
(Tue)10:35

水無月の日というか 夏越の祓(なごしのはらえ)

6月30日は水無月を食べる日です。
って 食べ物から入ると 説明が前後しますが

 

           P1040146_convert_20130701111614.jpg




大晦日から新年に移ることを「年越し」といいますよね

6月から7月に移ることを、「夏越し(なごし)」と言い
1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、

この半年の罪やけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願するということで
「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます

多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われるようですね
ブログめぐりで拝見することがありますが


hahaの近くでは残念ながらみかけませんねぇ


この「夏越祓」に用いられるのが、
6月の和菓子の代表かな? ”水無月” 



    水無月の定番は白のういろう生地に小豆をのせ、三角形にされたお菓子ですが

hahaは 黒糖ういろうが好きなので
黒糖ういろうに小豆がのせられてるのを、 
お先にいただきました


   P1170644_convert_20150629220937.jpg



それぞれに意味があるようで
水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、
三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。






     にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
にほんブログ村



って 水無月食べるのに すごい長い説明になっちゃいました 





スポンサーサイト