FC2ブログ
一緒にいてくれるだけで、幸せだよ! 暖かいよ!
大荒比古神社の例祭です
馬祭りでその歴史は古く、鎌倉時代とか・・・


これまた どこにこんなに若い衆がいたのでしょう
奴振は、奴姿の若者が的を片手で持って練り歩く「的練(まとね)り」
        P1030143_convert_20130507095723.jpg

          P1030152_convert_20130507101021.jpg
P1030148_convert_20130507100707.jpg P1030155_convert_20130507101616.jpg


その緊張をほぐすかのように酒樽を肩に担いで踊る「樽振(たるふ)り」
   P1030158_convert_20130507102204.jpg
               P1030145_convert_20130507100439.jpg
選ばれし奴振り12人と樽振り2人の姿です


佐々木高信が
出陣の際には戦勝祈願をし
凱旋のときに御礼として12頭の流鏑馬(やぶさめ)と
12基の的を神前に奉納したのが、始まりといわれています

     P1030168_convert_20130507102433.jpg

P1030173_convert_20130507102758.jpgP1030193_convert_20130507103003.jpg
P1030183_convert_20130507103549.jpgP1030184_convert_20130507103801.jpg


豪華ですね
そして古式ゆかしい雰囲気を感じられますね
今年は素晴らしいお祭り見学が出来ました
まだ他所にも大きなお祭りがあるようです
来年また見に行こうっと。。。



スポンサーサイト




【2013/05/06 18:35】 | 祭  り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック