FC2ブログ

一緒にいてくれるだけで、幸せだよ! 暖かいよ!

  いつも一緒にのナビゲーター   トップページ > 神    社 > 春日大社  第六十次式年造替   

春日大社  第六十次式年造替 

2014 - 09/25 [Thu] - 13:28

深夜少し降ったのでしょうか
たいした雨でなくよかったです
朝 外にでてみると

    P1120104_convert_20140925093223.jpg
                P1120100_convert_20140925092958.jpg
  キンモクセイが花をつけていました
  今年は庭師さんに チョキしてもらったので、花は無理かなあ~と思っていたので
  嬉しかったです
  そっと 近づいて香りをかいでみましたが、まだもう少しあとのよう。。。






さて 先日 奈良へ行ったのですが

  illust2902_thumb.gif     illust2902_thumb.gif    illust2902_thumb.gif




行先は



今日は 「 春日大社 」 の記録を残そうと思います。



               P1120063_convert_20140922221044.jpg


 

        P1120003_convert_20140922204309.jpg







  


石灯籠の並ぶ表参道をたどると、春日大社南門にたどり着きます。

  P1120009_convert_20140922204350.jpg

             P1120005_convert_20140922204248.jpg





深い木立に囲まれて、丹塗り(にぬり)の社殿が鮮やかです。

       14_convert_20140925102200.jpg
        写真はお借りしました

平成28年秋の正遷宮にむけて、第六十次式年造替にあたり
写真は撮ることができませんでした
が 御本殿特別参拝ができました




          春日大社



この地は、もと春日地方の地主神をまつっていたところです。
藤原氏によってここへ鹿島から武甕槌命(たけみかづちのみこと)、
香取から経津主命(ふつぬしのみこと)が迎えられ、
つづいて枚岡からその祖神天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)が迎えられました。
768年(神護景雲2)、この四座の神々がそろってまつられ、春日社が成立しました。

平安時代になって、社殿がいまのように形を整えました。藤原氏はもとより、
皇室や貴族の春日詣がさかんになり、
室町時代には歴代の足利将軍も、春日社に参るのが例になります。

春日社への進出をすすめた興福寺は、11世紀の末ごろほぼその実権を握りました。
1135年(保延元)には春日若宮社をおこし、翌年から若宮祭(おん祭)を始めて、
春日社との一体化を実現しました。
このころから興福寺の僧兵は、春日社の神木を奉じて、しばしば京都へ強訴しました。

鎌倉時代以降の春日社は、
伊勢神宮・石清水八幡宮と並んで「三社」といわれ

国民の信仰を集めるようになりました。

明治維新の神仏分離で興福寺の支配を離れ
1871年(明治4)官幣大社春日神社となり、
1946年(昭和21)から春日大社と称するようになりました。
                 観光協会HPより抜粋させていただきました




にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
にほんブログ村
 こちらからも いろんなブログが見られます



次回はなかに出てきた 興福寺を記録に残そうと思います

本日も皆さまの訪問ありがとうございました


スポンサーサイト



難しいことはわからなくても
こうして眺めさせてもらうと
歴史の中に、引っ張り込まれそうになるね。

空気と言うか、そこに立ったら 尚更だろうな~。

年々、こういう建物や場所に 敬意を表するようになって
若い時のアホさ加減も一緒に
清めてもらえるかしらん・・・なんて
ムシのえ~ことを 思いついたりなんか しちゃってさ・・・ひひひ♪

そっかぁ~~、金木犀の花が咲いてるんだ
まだ、こっちも金木犀の香りはしてへんな~i-228

春日大社・・・お勉強になりました(笑)

奈良に住んでるけど 遊びに行くだけやったからねi-235

朱塗りの拝殿や廊下が好き♪
万燈篭にも行きたいんやけど
なかなか人の多さを思うと二の足踏んでるよ
近くて遠い(笑)

興福寺でご朱印もらってきたんだね
興福寺の一言観音さんと不動明王さんには
ちょぃちょぃ手を合わせに行ってるよ~i-179

↓ hahaさん、お勤めご苦労様でした
これで、しばらくはゆっくりできるね
っても、時の経つのは早いけど
しっかり今の間に楽しまなくっちゃねi-237






花ちゃわんさんへ

花さん こんにちは♪
私も 難しい事はわからないよ~
行っておまいりして
帰ってから う~んなるほどそうなんや~
って これでお願い事どっさりするって
あかんやろうな~(笑)
これこそ 虫のええ話やわ(笑)

もも天々さんへ

天々さん こんにちは♪
近くにいいとこや神聖なるとこがいっぱいあるんやけど
いつでも行けるって思いがあるからいけないよね
意外とそんなもんですわ(笑)
そうそう 今回は興福寺の南円堂  西国三十三所第九番 に
おまいりしたかったので、ちゃんと御朱印も頂いてきたよ。。。
うん?
>興福寺の一言観音さんと不動明王さんには
>ちょぃちょぃ手を合わせに行ってるよ~i-179
天々さん 近くなんかな??

こんにちは

へえ〜春日大社と興福寺はそういう関係だったんですね。
学生時代、能に興味を持った時期があって、興福寺で毎年5月にやる「薪御能」に一度だけ行ったことがあるんです。
興福寺境内の舞台でまるまる2日間たっぷりやるのですが、その時、2日目の朝だけ春日大社の舞台で「翁」が舞われました。
朝もや残る春日大社での能の舞は、とても幻想的で、印象に残っていました。
何で一番だけ春日大社でやるのかな〜と思ったのですが、明治維新までは興福寺と一緒だったんですね。長年の疑問がとけました(笑)!
その時は学生でほんとに貧乏旅行だったので、出会った人に親切にしてもらい、ごはんおごってもらったりしたことも、忘れられない思い出です・・・。
もうすぐ式年遷宮なんですね。またゆっくり行ってみたいなあ。

こんばんは♪

春日大社には行ったことがないんですよ~
だから
今日もいいお勉強をさせてもらいました~i-179
hahaさんありがとう。

こうして記録に残してたら
いつまでも覚えていられそうねi-278

鹿に会いに行きたいな~

金木犀
ウチのはまだまだみたいですよ。

こんばんは~

もうキンモクセイの季節でしょうか?!
近くを通るとあの香りが・・・花が落ちてオレンジの絨毯になるのも素敵です~
花が付いていて良かったですね!

私は春日大社へは中学の頃に一度行った記憶があります。
でも歴史に弱いので、掲示版はいつも無視して建物にしか目が行きませんでした。
hahaさんは日本の歴史、文化に詳しくて関心します。
見物するのも年代によって見方も違うでしょうね。
夫といつか行ってみたいです~(^▽^)

春日大社
そんな歴史があるんですね。
藤原氏の氏神としか知らなかったし、式年遷宮じゃない、式年造替があるなんて全く知りませんでした。

それにしても、いつもながらに見事な字ですね。
hahaさまの所で拝見していると、朱印帳を1冊持っていると良いですね。
あんな見事な字で書いていただくと、有難さ数倍。

里花さんへ

里花さま いつもコメありがとうございます。
春日大社と興福寺
私も今回調べて初めて知りました
あら 里花さまも行かれたことがあるのですね
学生時代にですか 
それも、 「薪御能」にですか! 凄いですね
>朝もや残る春日大社での能の舞は、とても幻想的で、印象に残っていました
これは 素晴らしく幻想的でしたでしょうね~

抜粋も難しくて、私の理解できる範囲とさせていただきました(笑)
いや~ 深いですよね。。。

桃ママさんへ

桃ママさん こんにちは♪
コメありがとうございます。
春日大社
私も今回初めてだと思います
子供のころのバス遠足のコースの中にはいっていたか
おぼえてなくてね(汗)
私ぐらいのお年頃になると
まったく歴史に興味なかったものでも
ちょっと、調べてみようかしらなんて思うようになりました
でもね
すぐに 名前忘れちゃうので、書いて残さないと
頭の中だけではどうも無理があるみたいです(笑)

S.パティーさんへ

s.パティーさま こんにちは♪
コメありがとうございます。
キンモクセイ そうなのちょっと早いように思いません?
だれか トイレの芳香剤のニオイって言うかも知れませんが(笑)
本物の金木犀のニオイは好きです
あ~また 季節がきたな~って・・・

春日大社
学生の頃に行かれてるのですね
奈良は神社仏閣多いですからね
いいところですよね。
歴史・文化ですか
まったく知りませんよ(笑)
最近になって ちょっと興味を持ち始めたのです
あ~もっと歴史勉強しとけばよかったわ(笑)
そう 子供の頃に行った奈良は、鹿しか記憶になくて(汗)
そうですね ご夫婦でゆっくりまわられたらいいですね~

万見仙千代さんへ

万見さま こんにちは♪
コメありがとうございます。
春日大社
私もまったく知らなくて、今回しらべて
初めて、春日大社と興福寺の関係を知りました。
実はね式年遷宮で新しくなった春日大社のつもりで参拝に行ったら
よく見たら式年造替ですって
これもまた初めて知りました(笑)
御朱印帳とブログは行った証
自分へのありがたいお土産です。。 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makkukokoa.blog71.fc2.com/tb.php/1457-2132604a

 | HOME | 

プロフィール

sheep☆

Author:sheep☆
日々の暮らしの中で、心に残った事・見た事・感じた事を自由に書きとめた日記です

sheep☆

心愛&結愛

☆ ☆ 心愛 2003.12.11生  ☆16歳   2010年6月に家族になりました ☆ ☆ 結愛 2005.7.2 生  14歳       2012年6月に家族になりました

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

最新記事

コメありがとうございます

拝見させて頂いてます

にほんブログ村

FC2ブログ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

RSSリンクの表示

可愛いイラスト集

検索フォーム

月別アーカイブ