FC2ブログ

一緒にいてくれるだけで、幸せだよ! 暖かいよ!

  いつも一緒にのナビゲーター   トップページ > 西国三十三所 > 西国三十三所 第三番札所 「 粉河寺 」   

西国三十三所 第三番札所 「 粉河寺 」 

2017 - 04/04 [Tue] - 20:00

春の和歌山


   関西1デイパスで 向かったのは



 西国三十三所 第三番札所  「 粉河寺 」



粉河寺 粉河寺



    粉河寺


大門をくぐり




   粉河寺

なが~い参道を歩いていると



   粉河寺
 
  おっ 咲いてた 一本だけ 桜 


今年は桜 少し遅れてるのかしらね




歩いていくと

   仏足石

   粉河寺

   釈尊の足形を石面に刻んだもので
   (この世で最初に仏法を説かれた「お釈迦さま」のことを、「釈尊」と呼びます)

   まぁ大きな足

   偉大な人徳を象徴しています。

  


  中門に到着



     粉河寺



  粉河寺

   四天王を安置する 「 風猛山 (ふうもんざん) 」

   本来 東西南北を守るとされる四天王が威風堂々と門番をしています

   力強い存在感。。




  『 ご詠歌 』

   ちちははの 恵みも深き 粉河寺

           仏のちかひ たのもしの身や





   本堂

  粉河寺
  
   本堂は西国札所の中でも最大級で、重厚な屋根の造りが威容を誇っています。



  粉河寺


  粉河寺



   宗派  粉河観音宗

   本尊  千手千眼観世音菩薩

   開基  大伴孔子古 (おおとものくじこ)

   創建  宝亀元年(770)




紀三井寺と粉河寺 同じ年代ですね



    『 御朱印 』

    
    IMG_0173_convert_20170404140952.jpg
 
            「大悲殿」と書かれています








国宝の 「粉河寺縁起絵巻」によると

紀伊国の猟師 大伴孔子古が山中に不思議な光を発する地を見つけ

そこに小さな庵を建てたのがはじまりとされている。

その後、孔子古が一人の童子を一晩止めたところ

お礼にと七日七晩かけて千手観音を刻んで去っていったという。




   本堂横では 彼岸桜が舞っていました

粉河寺




 
にほんブログ村

スポンサーサイト



こんにちは

1デイパスだと、いろいろ回ろう!ってアクティブに動けますね。
”不思議な光を発する地”バリでも、そうしたところに寺院を建てた、
という話を聞いたことがあります。
やはり何か、特別なエネルギーを持った土地なのでしょうね。

里花さんへ

里花さま こんにちは♪
コメありがとうございます。
どこか行きたいなぁ~
そんな気候になってきました
のんびり列車の旅もいいものです。
山の中には 何か特別なものがあるのでしょうね
神聖な空気が流れています(ような気がします 笑)
そうですか バリでも やはりそうなのですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makkukokoa.blog71.fc2.com/tb.php/2287-355fc871

 | HOME | 

プロフィール

sheep☆

Author:sheep☆
日々の暮らしの中で、心に残った事・見た事・感じた事を自由に書きとめた日記です

sheep☆

心愛&結愛

☆ ☆ 心愛 2003.12.11生  ☆16歳   2010年6月に家族になりました ☆ ☆ 結愛 2005.7.2 生  14歳       2012年6月に家族になりました

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

最新記事

コメありがとうございます

拝見させて頂いてます

にほんブログ村

FC2ブログ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

RSSリンクの表示

可愛いイラスト集

検索フォーム

月別アーカイブ