fc2ブログ
一緒にいてくれるだけで、幸せだよ! 暖かいよ!
はしれ ぞうれっしゃ ♪
2019年02月25日 (月) | 編集 |
春が もうそこに

気配を感じます

いいお天気になりました


花粉もきてますが・・・・・

ライン


”はしれ ぞうれっしゃ ”


先週から練習に参加しています


何年前でしょうか   音楽祭で 2回  フェスティバル?で 1回

舞台の記憶があります



戦争が激しくなり、各地の動物園では動物が次々と コロされていった中

名古屋の東山動物園ではゾウ達を必死で守り抜き2頭のぞうが生き延びた。

そのゾウを見たいと子供たちの夢をのせた ぞうれっしゃ が走った


こんなお話です




この合唱構成


  
   動物園に ○○ が響く
   ○ にそまったライオンが たおれる
   ○○ の餌をたべ トラは ○ しみながら  ○ んだ
   涙をうかべて歩み寄る飼育係りに
   餌をねだる時は  いつもそうしたように
   甘えて立ち上がった熊の・・・・・・・・



   石炭も石油もなく
   暖房のとだえた部屋で 
   寒さに震えて ぞうのキーコが ○ んだ・・
   お腹をすかして アドンが ○ んだ・・
   マカニー エルドー お前たちは
   生きてくれ 行きつづけてくれ


 最初は つらくて歌えなかった曲ですが


夢  を乗せた特別仕立ての 「ぞうれっしゃ」  が

各地から 名古屋へ向かって走ったのです・・・・・


   ぼくたちの胸から まっすぐに伸びたレールは
   遙かな野山越え 象たちのもとへとどく
   冷たい冬が過ぎ 春を迎えたように 今こそ伝えよう あふれる喜びを
   長い戦争を生き抜いた象たちに 象たちの命を守った人たちに
   象列車よ急げ やみをさいて走れ
   象列車よ急げ 空をかけて走れ
   






にほんブログ村


今回も 舞台へのお声かけいただいて

とても楽しみにしております


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは、sheep☆さん
悲しい歌ですね 戦争の悲劇を思い出すことは
戦争に参加しないブレーキになると思いますので
皆さんに合唱でアピールしてください

舞台ももう4回目ですか
大変でしょうが頑張ってくださいね
2019/02/25(Mon) 12:57 | URL  | ヨッシィー #-[ 編集]
こんにちは
ああ、もうダメ・・・
読んでいるだけで、涙が出ます。
戦争は本当に嫌ですね。
罪のない動物たちまで。
周りの方たちの辛さが、胸に染み入ってきます。
hahaさま、精一杯歌ってくださいね。
2019/02/25(Mon) 14:38 | URL  | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
そんなことが、そんな歌があったんですね!
歌詞を読ませて頂いただけで、涙が出てきました・・・
かわいそうに・・・動物たちも、飼育員さんも・・・
飼育員さん、どんなに辛かったでしょう・・お気の毒でたまらない・・

でも生き残った象さんたちが、みんなに夢を与えてくれたんですね・・

こういう歌も、みんなに世界平和を訴えますよね!
練習頑張られて、みなさんに聴かせて差し上げてください!
わたしも近ければ、ぜひお聴きしたいです(^_-)-☆
2019/02/25(Mon) 16:21 | URL  | くるみ・リッチモンド #-[ 編集]
ヨッシィーさんへ
ヨッシィーさま こんにちは♪
コメありがとうございます。
そうなんです
この歌をつないでいきたいということを
指導者はおっしゃってます
子供たちもいっしょに合唱です
舞台に立つのは楽しみのひとつ
頑張ります
ありがとうございます。

2019/02/26(Tue) 15:59 | URL  | sheep☆ #-[ 編集]
万見仙千代さんへ
万見さま こんにちは♪
コメありがとうございます。
そうなんですよ
何度歌っても、 歌い始めのお稽古の時は泣けてきて
歌えなくなります。
グッと胸にくるのです
最後は元気な子供たちの声が聞こえてきます
ここまでくると 気持ちがぱっと明るくなります。
今回は劇団があって そのバックコーラスです
楽しみです。

2019/02/26(Tue) 16:02 | URL  | sheep☆ #-[ 編集]
くるみ・リッチモンドさんへ
くるみさん こんにちは♪
コメありがとうございます。
そうなんです
泣けてきますよね
ホントにあったお話のようです
これを ずっと歌い継いでいきたいと、指導者が言われています
そんなことがあった戦争中のこと思いながら
動物園へ行ってみたくなりました。
2019/02/26(Tue) 16:07 | URL  | sheep☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック